スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--:--  |  スポンサー広告

交際を断る(辞退)・断られたとき

2010.12.16 (Thu)

交際を辞退したい場合は、相手の気持ちや仲介者の立場を考慮して、
謙虚にこちらの意向を伝えましょう。

上手な断り方の一例 
 
 * 「とてもよいお話なのですがあまりにもご立派な方で、わたしには過ぎたご縁では
   ないかと思いますので、このたびの話は辞退させていただきたいのですが…」
 * 「書類を拝見させていただきましたが、私には向かないように思われますので、
   このたびの件は白紙に戻していただきたいのですが…」
 * せっかくお世話いただいたのに心苦しいのですが、じつは先日、
   上司からお見合いをすすめられまして…」

本人がいいにくいときは、手紙で伝えたり、親が仲介者宅を訪問してお断りしても
良いでしょう。

反対に断られた場合は、仲介者に執ように理由をたずねるようなことは避け、
お礼を述べて、早めに気持ちを切り替えるようにしましょう。

いずれの場合も、相手方の写真・資料などをそっくり仲介者に返却しましょう。
引きつづき縁談をお願いする場合は、
「またよい話がありましたら、ご紹介をお願いいたします」 とあらためて依頼するように
しましょう。
スポンサーサイト


18:33  |  お見合いのマナー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kankonsosai.blog137.fc2.com/tb.php/11-ecd66d26

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。